作成日:2024/06/02
物をつくるまえに人をつくる



物をつくるまえに人をつくる  松下幸之助氏に学ぶ


 「松下電器は何をつくるところかと尋ねられたら、松下電器は人をつくるところです。
あわせて電気器具もつくっております。こうお答えしなさい

 まだ創業間もないころから、事あるごとに従業員にこんな訓示を垂れたといいます。

「“事業は人なり”という。人間として成長しない人をもつ事業は成功するものではない。事業にはまず人材の育成が肝要だ」

 松下幸之助は、常々そんなことを考えていました。
つまり、資本や技術、設備がいくら充実していても、人材が育っていなければ、事業は成り立つものではないということです。

 しかし、松下幸之助のいう人材の育成とは、たんに技術力のある社員、営業力のある社員を育成すればよいというものではありません。自分が携わっている仕事の意義、社会に貢献するという会社の使命をよく自覚し、自主性と責任感旺盛な人材を育成すること、いわば産業人、社会人としての自覚をもった人間を育てることが、松下幸之助が目指した真の意味での人材育成でした。

 最近は、入社した社員が数日あるいは数カ月で退職したり、人手不足もあり、多くの企業様がお困りになっています。

  当事務所では、3ヵ月に1回、次回は7月26日(金)『あらた経営労務事務所セミナー』を開催しています。会場はウィンクあいち。時間は13:30〜16:30。

今回のメインテーマは、『社員の定着を図る — できるリーダーの伝え方 言葉の力を駆使すれば、部下が動く!結果が変わる!』です。

お問合せ
あらた経営労務事務所
〒452-0943
愛知県清須市新清洲3-2-32
TEL:052-400-8709
FAX:052-400-8710
メールでのお問合せ